Twitterアラート

投稿者 Twitter Japan
木曜日, 2013年9月26日

1年前、日本の皆さんに向けてライフラインアカウント検索の提供を始めました。これは東日本大震災のときにTwitterがどのように利用されたかを振り返り、災害時により役に立てるサービスになるためには、信頼できる最新の情報が簡単に見つけられるようにすることが重要だと学んだことに基づきます。

そして今回、同じ考えに基づき、日本、韓国、米国の3カ国で「Twitterアラート」の提供を始めます。この機能は非常時のコミュニケーションを目的とし、信頼できる機関からアラートのマークを付けて出された重要なツイートをスマートフォンのプッシュ通知で受け取ることができるものです。アラートのついたツイートを見逃したくないと思われる方は、該当機関の設定ページ(例:twitter.com/機関名/alerts )および機関のプロフィールページからプッシュ通知を設定することができます。プッシュ通知を受け取るためにはiPhoneではバージョン5.10以上、Androidでは4.1.6以上のご利用が必要です。

Twitterアラート

Twitterアラート

また、非常時に重要な情報がタイムライン上でも目立つよう、アラートがついたツイートにはオレンジ色のマークがつきます。

Twitterアラート

Twitterアラート

大きな災害などの非常事態が発生した場合、日本、韓国、米国のTwitterアラートのパートナー機関はツイートにアラートのマークを付けることができます。今日現在、米国ではボストン市 (@NotifyBoston) 、ニューヨーク市消防局 (@FDNY) などを含めた50以上の機関、韓国ではソウル市(@SeoulLifeline) がTwitterアラートをつけたツイートを送ることができます。また、パートナー機関には、国連関係 (@unocha) やWHO (@who) などの7つのNPO機関も含まれています。

日本で現在Twitterアラートが使えるのは、
日本気象協会 / tenki.jp [ @tenkijp  ]

日本気象協会 / tenki.jp地震情報 [ @tenkijp_jishin  ]

東京都防災  [ @tokyo_bousai  ]

警視庁警備部災害対策課 [ @MPD_bousai  ]

東京消防庁 [ @Tokyo_Fire_D  ]

TOKYO FM [ @tokyofm  ]

//


和光学園 [ @wakogakuen  ]

嘉悦大学 [ @kaetsu_univ  ]

//


の8アカウントです。大きな地震や台風などの自然災害、人間や動物などの生命に影響する変災、重傷者や死亡者がでるような大きな事故などの際に、危険に対する警告、危険の回避方法、避難経路などに関する情報にTwitterアラートがつけられることが想定されます。また、和光学園と嘉悦大学は災害時や構内に不審者が侵入した際などにアラート付きのツイートを発信することで、生徒や保護者をはじめとする関係者を中心に非常時のコミュニケーションを行う予定です。

Twitterアラートを利用できる機関は、日本、韓国、米国以外の国も含め、順次追加していきます。