ツイートデータを使われている研究機関の皆さまへ

投稿者 Twitter Japan
2014年2月5日 水曜日

Twitter Data Grants(データグランツ/データ供与)と名前をつけた、研究機関向けのテストプロジェクトを始めました。

日本も含め、世界各国の方々がご自分の意見を述べたり、何かのイベントを他の人たちと楽しんだり、様々な目的でTwitterを利用していらっしゃいます。毎日5億件以上のツイートが送信されるTwitterには、次に風邪が流行るタイミングなどの健康に関する情報や、地球の東側から順々に新年が明ける様子のように世界全体の動きなど、洞察や研究に役立つデータも存在します。

でも、外部の研究機関がこのようなTwitterのデータにアクセスすることはなかなか難しい状況でした。今日から始まるTwitter Data Grantsプログラムは、研究機関や研究者のみなさんにご必要なデータにアクセスできる機会を提供するものです。

このプログラムにご興味をお持ちの研究機関のみなさんは、お考になられている研究企画案を、来月3月15日までにこちらのページ(英語です)よりお送りください

Twitterの公認データ再販パートナーの1社であるGnipさんのご協力により、ご応募いただいた中から選んだいくつかの研究機関の方々には、ご必要なデータに無料でアクセスいただけるようにします。

ツイートデータを利用されている研究機関の皆さん、良いアイデアをお持ちでしたらぜひお申込みください。また、今後、このプログラムに関しての情報にご興味がある方は @TwitterEng をフォローされてください。ご質問は data-grants@twitter.com までどうぞ。

日本の研究機関からもたくさんお申込みいただけますことを楽しみにしています。

(2月6日 訂正:メールアドレスに間違いがありましたので、訂正いたしました。申し訳ございません。)