Accelerated Mobile Pages (AMP) のご紹介

By ‎@TwitterMediaJP‎
金曜日, 2015年10月9日

世界中の多くの出版社やIT企業は、ストーリーを語る際にツイートを利用されています。何かのニュースが生まれる時、人々はTwitterでストーリーを共有するようになり、ツイートはモバイルサイトで記事を作成する際に必要不可欠な要素になってきました。私たちはこのようにサイト内に埋め込まれたツイートを、高速で効率的に表示できるように改善を積み重ねています。一方で、モバイルサイト自体が重いため、表示が遅くなることが多くあることも事実です。この課題を解決するため、Twitterは、Web業界を率先するさまざまな企業とともに Accelerated Mobile Pages (AMP) と呼ばれる新しいオープンソースプロジェクトを支持し、モバイルウェブのパフォーマンスを向上させることを目指します。

Accelerated Mobile Pages (AMP) のご紹介

AMPは飛躍的にオープンなモバイルWebのパフォーマンスを向上させることを目指しています。スピードと予測に最適化された新しい出版社用テンプレートを提供することにより、AMPはTwitter for iOS/Androidアプリ内の表示を含むすべてのアプリケーションで、ツイートやVineなどのリッチコンテンツを含むウェブページを高速に表示することができます。またアプリケーションやプラットフォーム、デバイスを問わず、ひとつのコードで動作できるので、どのような状況でもコンテンツを高速に表示させることができるようになります。

埋め込みツイートやVineは<amp-twitter>というカスタムタグを使用することで、AMPのフレームワークの内部で描画されます。コンテンツ管理システム(CMS)で<amp-twitter>タグを使用することで、ツイートやVineとして解釈し、レンダリングを行います。

アプリ上で記事をスムーズに表示させることで、ユーザーはツイートからより多くの記事を閲覧することが判明しています。 AMPは、オープンなモバイルウェブをベースにしているため、直接リンクされたAMP対応のページは特別な設定の必要なく、Twitter for iOS/Androidアプリでサポートされます。今後私たちは数ヶ月に渡り、ユーザーがモバイルウェブをスムーズに閲覧できるように、ツイート上でのAMP対応コンテンツをサポートしていきます。

皆さんのWebサイトにもぜひ AMP の導入をご検討ください。