より多くの方に画像をお届けするために

投稿者 ‎@todd‎
火曜日, 2016年3月29日

Twitterにはそれぞれの方のたくさんの大切な瞬間が集まっています。その大切な瞬間のツイートにの多くには写真が使われています。そこで、視力が弱い方にも画像の内容をお伝えできるようにしました。

本日から、TwitterのiOSとAndroidアプリをご利用の場合、画像の説明も加えることができるようにしました。これにより、画像を見ることが難しい方にもツイートの内容を届けることができるようになります。

Twitterのアプリの「アクセシビリティ」設定にある「画像の説明を追加」をオンにすることでこの機能を利用できるようになります。これをオンにすることで、ツイートに画像を添付する際、各サムネイル部分に「説明を追加」ボタンが表示されますので、これをタップし、その画像の説明を追加します。視力が弱い方々がテキストを読み上げてくれるような補助技術アプリを利用いただくと、この画像の説明テキストも読み上げられるようになり、画像についての情報も得ることができます。なお、説明書きは最長420文字まで入力可能です。

より多くの方に画像をお届けするために

サードパーティーのTwitterクライアントでこの機能を追加されたい場合、REST APIとTwitter Cardsでも利用いただけるようにしました。 EasyChirpChicken NuggetThe Qubeのように視力が弱い方々のためにつくられたTwitterクライアントには特におすすめです。

この機能が多くの方々に利用され、Twitter上のたくさんの瞬間をより多くの方々と一緒に共有できるようになりますように。