今後の予定:140文字をより活用できるように

投稿者 Twitter Japan
火曜日, 2016年5月24日

Twitterは140文字のテキストだけのサービスとして始まり、その後、写真や動画、ハッシュタグ、Vineなども使えるサービスに進化してきました。ここ数ヶ月には、投票機能や、GIF検索タイムライン上でのPeriscopeの視聴などもできるようにしました。

昔に比べるとツイートでいろいろなことができるようになってはきましたが、さらにもう少し便利にしたいと思います。そこで、これから数ヶ月の間に、140文字の数え方に少し変更を加えます。返信ツイートの@ユーザー名や、写真や動画、GIFや投票などの添付物は140文字に含まれないようになります。

  • 返信:誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。
  • 添付:写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。
  • 自分のツイートのリツイートや引用:自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。
  • 「. @ユーザー名」ツイート:誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。

上記の変更は今後数ヶ月の間に順次行われます。今日は皆さんに今後の予定としてのご案内です。Twitter APIを利用してさまざまなものを作られている開発者の方々には、変更を必要とされる方もいらっしゃると思われますので、このタイミングでご案内させていただきます。

上記以外にもツイートをより便利に利用いただける方法を考えています。今起きていることを発見したり、興味のある人やものごとと結びついたり、会話を楽しむ場であるために必要なシンプルさやスピード感を失うこと無く、現在ご利用くださっている皆さんにとってより便利で、新しくご利用される方にとっても使いやすいサービスになるよう、引き続き努力を続けてまいります。

今後の予定:140文字をより活用できるように