Twitter上での動画の閲覧が新しくなります

投稿者 Twitter Japan
火曜日, 2016年6月21日

世界を駆け巡る案件から日常のちょっとしたシーンまで、Twitterの上には「今起こっていること」の動画が世界各地から次々と集まります。

動画はTwitter上で「今」を共有するために大切な役割を持つようになってきました。今年の始めからと比較しても、動画ツイートは50%も増えています。大きなできごとに関する動画や笑える作品などなど、多くの方々が動画を楽しんでいらっしゃるようです。

本日、Twitterは動画まわりを新しくします。

長い動画のツイート

これまでツイートに添付できる動画は最長30秒でした。本日より最長140秒までの動画をツイートいただけるようになります。(媒体など特別なパートナーアカウントは、プロ用のツールを利用してこれまで通り最長10分までご利用いただけます。)

この変更はiOS、Android、Twitter.comでご利用いただけます。概要はこちらをご参照ください。なお、Twitter for MacおよびTwitter for Windowsでも追ってご利用いただけるようになります。

また、Vineの動画でも長い作品をご覧いただけるようになります。まずは一部のクリエイターの方々を対象に、最大140秒のVine動画の作成が可能になります。

もっと動画に出会えるように:

Twitterの上で人気のある動画に出会いやすくします。

タイムラインに流れてきた動画またはVineが付いたツイートをタップして開くと、フルスクリーンで動画を楽しんでいただけるようになると同時に、おすすめする動画もその下に表示されるようになります。こちらの変更は近い将来にiOSとAndroidで提供されます。

Twitter Engage:

Twitter Engageはクリエーターの方々がファンコミュニティを成長させる手伝いをする新しいアプリです。ご自分の作品が人々にどのような反応を得ているかを知ることができます。なお、現在、Twitter Engageは米国でのみご利用可能です。本日よりApple App Storeから無料でダウンロードいただけます。