企業

安全面に関する今後の予定

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2017年10月25日

先日ツイートでご案内したように、Twitterをより安心してご利用いただけるようにさまざまな部分に手を加えてまいります。これまでも「努力を続けます」「より透明なコミュニケーションをめざします」とお伝えしてきたものの、まだ努力が足りていませんでした。今回より、安全面に関する状況のご報告を定期的、またできるだけ即時にお伝えしてまいります。簡単に達成できる部分ではありませんが、正しいことができるようにできるだけの努力を行います。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

今後数ヶ月の間に予定しているTwitterルールの更新、ルールに違反した方々へのコミュニケーションの変更、審査プロセスにおける変更をこちらににご案内します。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

この機会に、各予定がどのようにして決められたかについてもご説明させてください。Twitter上では毎日何億もの方によって膨大な量のツイートが行われます。この規模を考慮し、各変更がご利用の方々に及ぼす影響を想定しながらスケジュールを考えています。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

ポリシーの変更にはオンライン上の行動傾向のしっかりした調査や、許容範囲を明確でわかりやすくすることや、何万というツイートへの処理を行う審査プロセスのガイドライン作りなどの準備が必要です。まず、一度ドラフトができた段階で、社内の関連チームと安全性に関する外部の評議会からのフィードバックを集めます。Twitterは世界各地でご利用いただくサービスですので、異なる文化や社会的背景の中でこのルールがどのように適応、解釈されるかを含め、多様でグローバルな視点で世界各地から意見を集める必要があります。その後、不適切な可能性があるサンプルツイートを用いてテストを行い、新しいルールが有効であることが確認ができた後、この変更をサポートするためのシステム側の変更を行います。次に関係する各国のチームの教育を行い、Twitterルールを変更し、新しいルールが施行されます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

これからの予定 (言語によっては多少ずれる可能性があります)

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

10/27: 同意なく投稿された性的コンテンツ

犠牲者を守るため、同意なく投稿された性的なコンテンツの定義を拡大し、スカート内盗撮やあらゆる隠し撮りなどを含め、気づかないうちに撮影され、無断投稿されたものを含めます。同意なく投稿されたコンテンツの元の投稿者であると見分けられた場合、そのアカウントは即刻凍結を行います。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

10/27: アカウント凍結時のコミュニケーションの向上

攻撃的な行為によりアカウントの凍結が行われた際、そのアカウントの持ち主の方はTwitterに異議申立てを行うことができます。この申し立てに対し、Twitterの判断が間違っていないことが確認できた場合は、そのアカウントがどのルールに違反したかの詳細をご説明します。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

11/1: 違反した方へのルールのご案内

Twitterルールを違反したことによってアカウントがロックされ、Twitterからツイートの削除を要請された場合、どのポリシーに違反したのかをメールとTwitterアプリを通してご説明します。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

11/3:アカウント凍結をメールでご案内 (New!)

攻撃的な行為によりアカウントが凍結された場合、アカウントの持ち主の方にメールにて通知を送ります。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

11/3: Twitterルールの更新

今回の更新には以下を含めます。

暴力的なグループ (New!) :暴力的な行為により、自己主張をする組織のアカウントの凍結を始めます。

ヘイトの描写およびヘイトの象徴 (New!) :画像・動画などのメディアポリシーを見直し、ヘイトの描写およびヘイトの象徴を含めます。このポリシーにより、アバター(アイコン)やプロフィールページに該当する画像が使えなくなります。また、該当するツイートは慎重な扱いを必要とする内容として扱われます。このポリシーが導入された際に、ヘイトの描写およびヘイトの象徴の例をご案内します。

一方的な性的誘惑:このコンテンツに関してはすでに措置を行っていますが、あらためてTwitterルールに明記を行います。

メディアポリシーの更新:アダルトコンテンツや暴力的な画像も含め、「慎重な扱いを必要とするメディア」とはどのようなものを指すのかをより具体的に説明します。

スパムおよび関連行為の定義の拡大:Twitterが容認しないスパムおよび関連行為に関する定義を追加します。これらの行為を行うアカウントを一時的または永久的に凍結します。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

11/13: 報告の優先順位をサポートする新技術の導入

違反報告されている案件をランク付けする技術をアップグレードします。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

11/14: 報告の審査プロセス (New!)

ルールに基いて処理を行う際に考慮する要因についてご案内します。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

11/22: ヘイトを助長するアカウント名 (New!)

攻撃的、差別的なアカウント名の利用を禁止します。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

12/14: 暴力の容認と賛美

暴力的な脅迫や深刻な危害を望むツイートは既に禁じられていますが、これを拡大し、殺害や深刻な身体的被害を及ぼすような暴力を容認したり賛美するような内容も含めます。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

12/14: 目撃者からのレポートの審査・調査に関するアップデート

以下のものを順次始めます。

よりアップグレードされた目撃者からの違反報告の調査プロセス (New!) : Twitterのルール違反を目撃した第三者から報告をいただいた際の審査プロセスに、アカウント間の関係性を見極めることを順次取り入れていき、積極的に対応します。

目撃者からのレポートの審査・調査通知 (New!):攻撃的および否定的なやりとりが行われたことを目撃した方から報告をいただいた場合、該当するツイートの調査の結果を報告者に連絡します。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

12/20: 一方的な性的誘惑行為への処置の拡大

アカウント間のやりとりが同意のあるものであるかどうかの判断時に、該当アカウント間の過去の相互的なやりとりを考慮点に含めます。これを含めることで、アカウント間のやりとりを目撃した方々からの報告による処理がより正確になると考えています。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

1/10: よりアップグレードされた目撃者からの違反報告の審査・調査プロセスの導入

前述の、目撃者からのレポートの審査・調査に関するアップデートを、該当するすべての報告において適用します。

 

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
@TwitterJP

Twitter Japan

‎@TwitterJP‎ verified

日本語版Twitter公式アカウントです。

Twitter限定

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.